“千葉県の観光スポット”はホントに充実?何がそんなに魅力的?

いま千葉県で暮らすのが人気!

暮らすなら東京よりも千葉県がいい? なるほど!と思える千葉の魅力を紹介

観光客の増加で県内スポットの整備も加速

千葉県がアミューズメントをはじめとする観光スポットでも高いランキング順位をキープしているのは、成田国際空港を有していることに要因の1つがあります。インバウンドの観光客が年々増加することで、スポットや施設が拡充され整備も急ピッチ。それが国内外の観光旅行ニーズと直結し人気をアップさせています。

千葉県のエリア的な観光特性

  • 千葉県北西部エリアには世界屈指の人気を誇るテーマパーク「東京ディズニーリゾート」があり、入場者を引きつける多彩なイベントも開催。
  • 成田山新勝寺や佐原のような、海外からの観光客にとっても興味深い歴史的な情緒があふれるスポットが充実している。
  • 歴史文化や日本の慣習に触れつつ、たとえばその周辺にある千葉特有のグルメも一緒に楽しめる。
  • 歴史的な観光資源と日常のグルメ、あるいはアミューズメント、観光ポイントが渾然一体となっていることで、誰が訪れても、気軽でマルチな体験ができる。
  • 触れ合える、体験できる、味わえる。東京にいては味わえない自然の草木環境など、子どもの情操教育にはまたとないスポットが点在。

千葉の歴史や自然。人工的ではないスポット

華々しいというほどの派手さはありませんが、たとえば千葉県の「親子三代夏祭り」は催行から43回を数え、外国人観光客や国内各地からのファミリー層も増加。千葉県市原市の「流山花火大会」は、インスタグラムなどSNSの拡散効果もあって、過去最高の人出となりました。

また「八千代市のふるさと親子祭」、「上総十二社祭り」など、長く伝承されてきた過去地域独特の祭りもあり、異常気象の夏を迎えた今期でも例年以上の盛り上がりをみせたというから驚きです。

気がついてみると人口の一極集中が叫ばれる東京のイベントは、歴史伝統・自然よりも、人工的なコマーシャルイベントが中心になってしまったような気がします。その点で比較してみると千葉県内で繰り広げられているイベントは別格。

東京からわずかな移動時間にある地域でありながら、過去からの遺産を引き継いだ、人間くさい、人情味あふれるイベント・スポットが多数あります。“食の充実”で高い評価を獲得していた身近な漁港では「勝浦大漁まつり」も。

「成田ゆめ牧場」では、広大な敷地の一角で動物と触れあえることや、いちご狩りも楽しめることなどで、多くのファミリー層観光客で賑わっています。広々とした草地や牛の放牧場、遮るもののない広大なひまわり畑など、東京の子どもにとっては味わうことのできないキャンパスです。