「住」の心地良さが決め手?千葉県での暮らしやすさ

いま千葉県で暮らすのが人気!

暮らすなら東京よりも千葉県がいい? なるほど!と思える千葉の魅力を紹介

「千葉県なら」と言われる住宅への気配り

千葉県では各市町村に移住してきて住宅を取得したいという人たち、あるいは県内での移転を考えている人たちに対して、住宅に関するさまざまな支援制度で対応しています。その1つが、.各市町村で実施している住宅取得、住み替え、リフォームなどの支援制度。

さらに「高齢者」や「子育て世帯」などを対象にした住宅取得や住み替え、リフォームについても通常とは異なる支援制度が実施されています。高齢世帯や子育て世帯は、住宅のバリアフリー化が不可欠。手すりやスロープの設置、ホルムアルデヒド対策なども重要課題の1つになっています。

単純に移転すればいい、住み替えればいいというだけでは済まないのが現代の住宅取得やリフォーム。世代ごとの課題に応えて専門的な知識や技術を駆使した業者とのマッチングも千葉県各市町村の窓口が請け負うことになります。ある意味では、高いプロデュース機能が求められるのも自治体の現状です。

移住・移転に関する千葉県の主な支援項目

  • 移住・定住についての問い合わせ(市町村への移住支援)。
  • リフォームに関する相談。
  • 省エネルギー(再生可能エネルギー・省エネルギー設備、支援情報)。
  • 高齢者・高齢世帯に必要なバリアフリーなどの設備。
  • 障害者・障害者世帯についての支援項目の相談。
  • 安全・安心など若年・子育て世帯についての相談。
  • 3世代同居、隣居・近居に関する相談。
  • 空き家対策・課題解決、運用・活用。
  • 3世代同居、隣居・近居などテーマごとの相談・提案。
  • 住宅に関連した環境対策。

高齢世帯の孤立防止と三世代同居

どこの自治体でも単身世帯の高齢化によって緊急事態の対応が間に合わなかったり、孤立死を招いたりといった問題がクローズアップされています。それを少しでも軽減させていく手段として注目されているのが三世代同居の推進。

この三世代同居は高齢者の孤立死を防ぐとともに、子育て世帯の孤立を防ぐことにも役立つと専門家からの意見が寄せられているほど。移住や移転は、ライフサイクルにおいてそう多くあることではありません。

しかし、離れて暮らしていたお互いが、1つ屋根の下での暮らしを取り戻すには絶好の機会でもあります。そこで千葉県の各自治体では、「三世代同居等支援事業」を各自治体で推進。高齢者の孤立防止と家族の絆の再生を目的に、三世代家族の同居住宅に必要な費用の一部を助成しています。

千葉県千葉市の場合の三世代同居支援条件

  • 親と子と孫を基本に、三世代の家族が同居すること。または近隣の市内に同居すること。この場合は直線距離にして1km以内が条件。
  • 三世代同居の親は単身であること。または夫婦のみの世帯であること。
  • 同居する親は65歳以上であり、すでに1年以上千葉市に居住していること。
  • 同居する孫は18歳未満であること。

申込みには助成内容に応じた事前の手続が必要で、たとえば三世代住宅の新築・増改築に関しては建築工事の着手前の手続きが必須。三世代住宅の購入・賃貸借り受けについては契約締結の前の手続き、転居に関わる引越費用についても転居の前の申込み申請が必要。

いずれも計画を実施する前の手続きでないと認められないものの、それが認められれば、補助金交付などの支援とあわせて、住宅金融支援機構のフラット35(借入時に返済終了までの金利が確定する住宅ローン)が適用されます。